×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


パリのカフェで注文できるコーヒー


コーヒー


パリのカフェに置いてあるコーヒーを紹介.


<基本編>

・Café(キャフェ)

いわゆるエスプレッソ.フランス語では「エクスプレッソ」となる.
小さなカップに入って出てくる.非常に濃く量は少ない.定番中の定番.
ちなみに発音はカフェが正式らしい.キャフェはパリ訛りである.

「アン・キャフェ・シルブプレ」とはっきりと頼みたい.

・Café double(キャフェ・ドゥーブル)

上のエスプレッソコーヒーが2杯分,大きめのカップに入って出てくる.
お値段もきっかり2倍となるのがフランス人気質か.
とても眠い時,たくさん飲みたい時などに注文する.

「アン・ドゥーブル・シルブプレ」と略しても通じる.

・Café crème(キャフェ・クレーム)

カフェオレのこと.「キャフェオレ」と頼んでも通じる.
大きめのカップでけっこう量はあり,値段もドゥーブルと同程度.
エスプレッソが胃に厳しい時などに.

「アン・クレーム・シルブプレ」で通じる.ただしクレームの発音はハイレベル


・Café viénois(キャフェ・ヴィエノワ)

ウィンナ(ウィーン風)コーヒー.コーヒーの上に生クリームが乗る.
値段はカフェクレームよりちょっと上がるか.
生クリームをすくって食べる時間は至福.

「アン・キャフェヴィエノワ・シルブプレ」と注文する.
略すと「ショコラ・ヴィエノワ」(ホットココアに生クリームが乗ったもの)と区別がつかないからだ.


<応用編>

以下はメニューに載っていないが,ほとんどのカフェに置いてあるもの.
これを頼めばあなたもパリジャン/パリジェンヌ.

・Noisette(ノワゼット)

エスプレッソと一緒に,ちいさなミルクポットがついてくる.
店によっては最初からミルクが入った状態で出される.
値段はエスプレッソと同じ(あるいは+α).クレームでは多すぎる時などに.
なぜノワゼット(はしばみ)と呼ばれているのかは不明.

「ヴザヴェ・アノワゼットゥ?」(ノワゼットはありますか)とひとこと確認してから注文したい.

・Café allongé(キャフェ・アロンジェ)

エスプレッソにお湯を足し,薄めたもの.大きめのカップで出される.
いわゆるアメリカンコーヒーに近づく.値段はエスプレッソと同じ.
濃いコーヒーを飲みつけていない人,かぱかぱ飲みたい時などには重宝する.

一応「ヴザヴェ・キャフェアロンジェ?」とひとこと確認したい.

・Café glacé(キャフェ・グラッセ)

「フランスには無い」と言われていたアイスコーヒー.
ここ2-3年で急速に普及したが,置いていないカフェもまだまだ多い.
夏の暑い日には,ミント水のかわりに頼むのもおつなもの.

上記の二つとやや事情が異なるので,
注文前に必ず「エスクヴザヴェ・キャフェグラッセ?」と尋ねるべきである.

(2006年11月)


もどる